地方航空局・空港事務所等へのドローン・ラジコン飛行許可、承認申請の書類の作成・申請代行を承ります。

 

全国対応いたします。

空撮、報道取材、警備、農林水産業、測量、環境調査、設備メンテナンス、インフラ点検・保守、資材管理、輸送・宅配、自然観察、事故・災害対策等、趣味、その他

損害保険会社、テレビ局 映像制作会社、環境調査機関等のドローン許可・承認申請の実績がございます

許可・承認申請からフライトまで!

女性行政書士・無人航空機操縦士におまかせください



【ご利用料金】

■相談料(1回3時間まで)              ¥10,000~

 

 

包括申請(個人のお客様・年間サポートなし)      ¥80,000~

 ※国土交通省標準マニュアル使用の場合

 

■包括申請(法人のお客様・年間サポートなし)      ¥130,000~

 (機体3機・操縦者5名以内) 

 ※国土交通省標準マニュアル使用の場合

 

■ドローン飛行包括申請年間サポート(個人のお客様)  ¥100,000~

(内訳)

・基本料金                       ¥50,000

 ・全国や都道府県内全域等の包括申請          ¥30,000

 ・1年間包括申請の3か月ごとの実績報告サポート    ¥20,000

 (国土交通省の標準マニュアルを使用する場合)

 

■ドローン飛行包括申請年間サポート(法人のお客様)  ¥150,000~

(内訳)

・基本料金(機体3機・操縦者5名以内)         ¥100,000

 ・全国や都道府県内全域等の包括申請          ¥30,000

 ・1年間包括申請の3か月ごとの実績報告サポート    ¥20,000

 (国土交通省の標準マニュアルを使用する場合)

 

 ■ドローン飛行個別申請(個人のお客様)     ¥70,000~

(内訳)

・基本料金                       ¥50,000

時間と場所を指定した個別申請             ¥20,000

 飛行場所の航空法以外の許可承認サポートを含みます。

 

■ドローン飛行個別申請(法人のお客様)     ¥120,000~

  (機体3機・操縦者5名以内)

(内訳)

・基本料金                       ¥100,000

時間と場所を指定した個別申請               ¥20,000

 飛行場所の航空法以外の許可承認サポートを含みます。

 

  

 

(オプション)

・国土交通省の標準マニュアル以外による申請       +¥30,000

・空港周辺での飛行                   +¥30,000 / 1か所

・高度150m以上での飛行               +¥30,000 / 1か所

 

・ドローンによる農薬散布                +¥50,000~

 

・DJI社以外の機体での許可取得               +¥20,000 / 1機

 

(その他)

弊所にて包括申請をご依頼いただいたお客様

 同一条件での包括申請更新の場合(個人のお客様)        ¥50,000 ~

                (法人のお客様)     ¥100,000~

                                      

 

・操縦者の追加                1人当たり  ¥5,000

 

・機体の追加                 1機当たり   ¥5,000

 

 

 

 

 ■ドローンの法令・申請等セミナーの講師(1時間)  ¥20,000~

 申請や法令はもちろん、DJI GO4のアプリの説明や操縦のレクチャーも

出来ます!お気軽にお声がけください。

 

 

 

 

※全て税抜き価格です。

※上記に加え、国土交通省への申請書の提出・許可証発送の郵送費実費が発生します。

 

 

 


【ドローン飛行包括申請 年間サポートパック】

 

【内容】

①国土交通省への1年間の飛行許可包括申請

全国や都道府県内全域の包括申請の書類作成、提出を致します。

 

②3か月ごとの飛行実績の報告

1年の包括申請許可取得後、3ヵ月に1度、国土交通省に飛行実績の報告をしなければいけません。

この国土交通省への飛行実績の報告は、忘れてしまいがちで面倒です。

この報告書の作成・提出もサポートさせていただきます。

 

③その他の関係省庁等との調整・報告のサポート

ドローンを飛行させるには、飛行させる場所によって、国土交通省の飛行許可の他に、その場所の管理者等へ事前の報告や確認が必要となる場合がございます。

(例)

・国の定める重要施設の周辺

・公園

・河川敷

・海岸

・道路

包括申請の許可取得後、このような場所で飛行される場合、確認、調整のお手続きをサポートさせていただきます。

(書面作成手数料を別途頂戴する場合もございます。直接お問合せください)

 

 


代表行政書士 吉田 智恵(よしだ ともえ)

 ・DJIスペシャリスト 取得

・JUIDA認定安全運航管理者 取得

・JUIDA認定無人航空機操縦士 取得

・無人航空従事者試験(ドローン検定)1級 取得

 (女性初・行政書士初の合格者)

・第三級陸上特殊無線技士 


★Drone Movie Contest 2017 ファイナリスト作品

「RUNNERS at Shenzhen」に出演いたしました!

こちらをぜひご覧ください!

 


年間包括許可・承認を取得しており、空撮業務も行っております。

お気軽にお問合せください!

(2017年7月 山梨県にて)

(2017年4月 埼玉県にて)


ご依頼の流れ

1.お問い合わせ、お見積りは、お電話またはフォームより、お気軽にご連絡ください。

  お問い合わせはこちら

 

2.必要事項をおうかがいし、ヒアリングシートをお送り致します。

  ご記入いただきご返信ください。

 

3.ご希望のお客様へお見積書をお送りいたします。

  請求書をお送り致しますので、ご利用料金のご入金をお願いいたします。

  ご入金の確認がとれましたら、書類作成・申請をさせていただきます。

 

4.許可承認後、ご依頼者様へ書類をお送りいたしますので、

  書類に押印の上、ご返送をお願いいたします。

 

5.国土交通省より送付されてくる「許可承認書」を郵送にて納品いたします。

 

2017.2.13 中国 深圳 ドローンの世界シェア70%を占めるDJI本社へ訪問してきました!


飛行ルールの対象となる機体


飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることのできるもの(200g未満の重量(機体本体の重量をバッテリーの重量の合計)のものを除く)です。

いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

無人航空機に係る

許可承認の内容


【無人航空機の飛行の許可が必要となる空域】

■空港等の周辺(侵入表面等)の上空の空域

■150m以上の高さの空域

■人口集中地区の上空

 

【無人航空機の飛行の承認が必要となる飛行の方法】

■夜間飛行

 日の出の時刻前、日の入り時刻後の飛行

■目視外飛行

 操縦者の肉眼でドローンを見ることのできない状態での飛行

■第三者又は物件から30m以上の距離が確保できない場所での飛行

■イベント上空

 お祭り、スポーツ大会、ライブ会場など

■危険物輸送

■物件投下


【国土交通省への許可申請、関係行政との調整のサポートから 撮影まで行います】

ドローン操縦士・安全運航管理者として空撮業務も行っております。

そちらもお気軽にご相談ください!


ドローンの法令、許可・承認申請のセミナーの講師もしております!

2017年7月23日

8月6日の2回

新宿マルイアネックス

DJIストア新宿・YDS Pro shop出展ブースにて

「ドローン許可・承認申請セミナー」の講師を致しました。


「仙川地図研究所」様のご依頼にて

様々な雑誌で取り上げられるなど建築家やクリエイターにも話題であった古民家カフェ「ニワコヤ」の空撮に携わらせていただきました。

 

ドローン操縦士の北田様(ワイズ技研)をご紹介させていただき、建て替えをするニワコヤの外観をドローンにて撮影していただいた写真を使用して、模型で復元されます。

 

2017年6月に新宿西口広場にて行われる「くらしと測量・地図」展にて展示されました。

撮影当日

管轄する警察署との連絡・調整及び

安全運航管理者として参加いたしました。


空撮チーム【SKY SOUL TECH 】にメンバーとして参加しています

SKY SOUL TECH のメンバーとして

2017年6月4日「8th さがみ風っ子 トレイルランニング」の空撮を行いました。